すぐきとは

御すぐき処 なり田のすぐき漬けが人気です。

 

そもそもすぐきとはどういう野菜なのか調べてみました。

 

すぐきとは京都の野菜、いわゆる京野菜でカブの一種です。アブラナ科の二年草になります。

 

カブに比べると大根に近いような、大きな長い実にあたる部分が特徴です。

 

すぐきの葉はカブより大きく、どちらかというと大根に近い大きさで、肉厚で濃い緑色をしています。

 

京都以外の市場にはなかなか出回らない、典型的な京野菜なんです。

 

 

すぐきって何

 

日本テレビ系列で放送されている、「満天青空レストラン」で紹介された、「すぐき漬け」が気になったので調べてみました。

 

すぐき漬けは、文化元年(1804年)創業の「御すぐき処なり田」で販売されているお漬物です。

 

ずいぶん歴史があるお漬物なんですね。全然知りませんでした。

 

「すぐき」の漢字は「酸茎」と書きます。字の通り、乳酸菌で発酵させる お漬物です。

 

「京都といえば京野菜」といわれるように、京都は野菜が有名で、その京野菜のすぐき菜、水茎(すいくき)、賀茂菜(かもな)のことを「すぐき」と呼ばれているようです。

 

また「すぐき」といえばこの野菜の「すぐき」だけでなく、「すぐき漬け」のことも「すぐき」といわれるようです。

 

それだけ京都では すぐき漬けが知れ渡っているんですね。

 

私の実家は奈良ですが、隣の県のこの「すぐき漬け」は知りませんでした。ちょっと勉強不足ですね。

 

 

 

すぐき漬けの作り方

すぐき漬けの材料は、

 

● すぐき
● 天然塩
● 植物性乳酸菌

 

この3つだけで作られています。

 

ほんとに無添加なのが、よくわかると思います。

 

すぐき漬けの製法は上賀茂地方に伝わる独特の、

 

● 荒付け
● 本漬け
● 天秤押し

 

などの漬け込み技術により漬けられています。

 

伝統の製法で漬けられえたすぐき漬けは、植物性乳酸菌による発酵によりほどよい酸味が特徴です。

 

手間隙をかけて作られているからこそ、美味しいすぐき漬けが出来上がるんです。

 

 

 

すぐき漬けの作り方〜その2〜

 

御すぐき処なり田のすぐき漬けが、どうやってつくられているのか、ちょっと調べてみました。

 

すぐき漬けにする際の材料ですが、

 

● すぐき
● 天然塩
● 植物性の乳酸菌

 

たったこれだけです(笑) まぁだいたいお漬物ってこれくらいですよね。

 

シンプルな材料なだけに、すぐきのうまみがたっぷり出ています。

 

すぐき漬けの味は、この植物性乳酸菌の発酵作用による酸味が特徴になっています。

 

これは上賀茂地方独特の漬け込みの技術と長い歴史と伝統の心が、すぐき漬けの味を磨き上げてきたんでしょうね。

すぐき漬けの美味しい食べ方

すぐき漬けの美味しい食べ方ですが、樽だしのすぐき漬けの場合、まずすぐき漬けをさっと水洗いします。

 

洗ったら、すぐき漬けを小分けに切ります。

 

カブにあたる白い部分は、5ミリくらいの厚みに切った方が美味しく召し上がれます。

 

葉っぱの部分はみじん切りにし、カブの部分と一緒に召し上がると美味しいです。

 

お好みで七味や入りゴマ、山椒や醤油などをかけると美味しく召し上がれるでしょう。

すぐきってどんな野菜なのか

御すくぎ処なり田の「すぐき漬け」の「すぐき」と呼ばれる野菜について、どんな野菜なのか調べてみました。

 

すぐきはアブラナ科の二年草でカブの一種だそうです。

 

「すぐき」の白い部分はカブと一緒のような短い楕円形をしていて、長さは20センチ程度です。ほんとにカブと一緒の形ですね。

 

葉の厚さはカブより肉厚で濃緑色をしていて、大きさはカブより少し大きいです。根のわりには大きい葉をしています。

 

花はアブラナ科だけに 菜の花に似た黄色い花を咲かせます。

 

京野菜の「すぐき」もそうですが、いろんな野菜があるんですねぇ〜

すぐき漬けの口コミ

すぐき漬けを購入する際に、口コミや評判って参考にしませんか?

 

ということで調べてみました。

 

この口コミは、以前にすぐき漬けを通販で販売する、御すぐき処なり田に寄せられた口コミを引用してご紹介します。

 

======================================

 

楽しみにしていたすぐき漬けが本日届きました。
早速夕食にと、炊きたてのご飯と一緒に頂きました。
お醤油をかけなくても十分美味しいと、主人も喜んでいました。

 

 

ご飯が古米だったので、今度は新米で食べてみたいです。
ありがとうございました。

 

===================================

 

口コミにもありますが、お醤油をかけなくても十分美味しいので、すぐき漬けの本当の美味しさを存分に味わってみてはいかがでしょうか?

 

 

すぐき漬けの口コミ情報〜その2〜

 

御すぐき処なり田のすぐき漬けのホームページに寄せられた、すぐき漬けを実際に購入された方の口コミをお知らせします。

 

やっぱり購入された方の感想は気になりますよね。

 

御すぐき処なり田の口コミを引用します。

 

 

本日楽しみにしていたお漬物が届きました。
早速夕食に炊きたてのご飯と一緒に頂きました。

 

何はさておき、まずはすぐきからですよね。
お醤油をかけなくてもそのままでも十分美味しいと、主人も喜んでいました。

 

ただ1つ残念なのは、これはうちの問題なのですが、ごはんが古米だったので、
ごはんの味がイマイチだったこと。

 

次回は新米でさらに美味しく頂きたいと思います。
ありがとうございました。

 

 

ごはんが古米だったのですね。

 

古米でも十分美味しいと思いますが、新米ならもっと美味しいでしょうね。

 

お醤油をかけなくてもいいのは、塩分控えめのご年配の方にはいいですね☆

すぐき漬けの通販の価格

すぐき漬けを通販で購入する時に、一番気になるのが価格ですよね。

 

すぐき漬けの価格ですが税込みで、

 

● すぐき(樽出し)  ⇒ 1,260円
● きざみすぐき    ⇒   420円
● ちりめんすぐき   ⇒   525円
● すぐきお試しセット ⇒ 1,980円

 

になっています。

 

すぐきお試しセットは、通販限定での販売です。

 

送料は5,250円以上の購入で半額になります。

 

製造日より7日間が賞味期限になっていますが、なるべくお早めにお召し上がり下さい。

 

 

すぐき漬けの料金はいくらなのか

 

御すぐき処なり田のすぐき漬けは、京野菜すぐきを漬けたお漬物です。

 

気になるすぐき漬けの料金を調べてみました。

 

すぐき漬けが気になったので、ちょっと試しし買ってみようと思っている方には、すぐきお試しセットがオススメです。

 

料金は、すぐき漬けが330グラム入って、1,980円で販売されています。

 

お試しセットなのに330グラムは多い方ですね。

 

賞味期限は7日間ですので、お早めにお召し上がりくださいね。

 

10℃以下の冷蔵庫で保管することをおすすめします。

 

 

 

御すぐき処なり田ですぐき漬けを購入しました。

御すぐき処なり田ですぐき漬けを購入しました。

 

注文してから4日程で、すぐき漬けが到着しました。

 

注文するときに、常温便でもよかったのですが、クール便しか注文出来なかったので、仕方なくクール便にしました。クール便の方が日持ちするのかな?

 

クール便は手数料がかかります。手数料は、210円ですのでご注意下さい。

 

パッケージを開封すると、またパッケージが・・・(笑)

 

中のパッケージには、御すぐき処なり田さんのすぐきの作り方や製法、お召し上がり方についての説明書みたいなのが付いています。

 

なるべくお早目にお召し上がり下さいとのことなので、さっそく頂いてみます。

すぐき漬けを頂きました

御すぐき処なり田ですぐき漬けを購入しました。

 

すぐき漬けは時間が経過すると、少し風味が落ちるようです。

 

賞味期限は、樽から出した日から約1週間しかないので早めに食べようと思いましたが、一人暮らしなのでまだ半分くらい残っています(笑)

 

ビニールの袋からすぐき漬けを取り出してみたら・・・まな板いっぱいになってしまいました。。。

 

特に大きいのが、すぐきの葉の部分です。

 

カブの部分は少ないのですが、その分 葉の部分をたくさん食べれます。

 

すぐきの葉の部分は、チャーハンなどに入れて食べてみたら美味しかったです。

 

そのまま食べられるようなら、すぐき漬けにお醤油をかけた方が美味しく頂けます。

 

お好みで山椒や七味をかけると、もっと美味しくなるかも?

 

御すぐき処なり田で購入したものは、樽だしすぐきです。 樽だしすぐきの価格は税込みで、1,260円になっています。