大豆パンの販売店をまとめてみた

糖分が低くてタンパク質が摂取できてダイエットにも効果が期待できそうだと話題なのが大豆パン。

 

いろんなメーカーから大豆パンが出ているのかと思いきや、そうではないようです。当ブログがおすすめする大豆パンのメーカーは3社です。

 

◆ マルサンアイ
◆ シャトレーゼ
◆ ダイズインターナショナル

 

この3つのメーカーをおすすめしているのですが、なぜこの販売店をおすすめするのかというと、この3つのメーカーが人気だからです。

 

ダイズインターナショナルさんの大豆パンがテレビで紹介されてからというもの、それまであまりなじみがなかった大豆パンが、一気に注目されはじめました。

 

ただダイズインターナショナルさんの大豆パンはとても特徴的だし、あまり大きな会社ではないっぽいので、気にする方もいるかもしれません(^^;

 

ダイズインターナショナルさんは、大阪玉造に店舗がありますので、店舗で購入することもできるので送料がいらないというのが最大のメリットです。

 

ご覧になった方はわかるとは思いますが、結構独自路線です。注文することはできますが、気になる方はマルサンアイとシャトレーゼをおすすめします。

 

マルサンアイと言えば、調製豆乳でおなじみですよね。シャトレーゼは大豆パンで有名なメーカーです。

 

マルサンアイ、シャトレーゼの大豆パンも、あんしんして買えるのではないでしょうか?

 

このように、大豆パンで有名なメーカーは3社で、みなさんのお好みでメーカーを選ばれるといいのではないでしょうか?

マルサンアイの大豆パンの口コミや評判

大豆パンを購入する時に気になるのが、購入された方の口コミですよね。このページでは、マルサンアイの大豆パンを楽天で購入された方の口コミを引用してまとめていきます。

 

マルサンアイの公式サイトの口コミだと、どこの公式サイトもそうなんですが、良い口コミしか掲載しないので、あまり参考にはなりません。

 

楽天だと悪い口コミも掲載してあるので、参考にしてみて下さい。

 

引用文の最後には、口コミのリンク先を掲載していますので、気になる方はご覧ください。

 

【60代 男性の方】

 

大豆パンの味は普通です。
健康にはいいパンだと思います。

 

パンのサイズが小さいのと、価格が結構します。
毎朝の朝食に食べたいのですが、考えさせられますね。

 

【40代 女性の方】

 

大豆パンはとても美味しかったです。
ふわふわもちもちしているので、よくかまないといけないと思います。
よく噛むことで、満腹感が得られるのもいいと思います。

 

小麦粉を使っていないので糖質が抑えられているし、タンパク質が摂れるので、
パン好きな私にはたまらない逸品です。

 

マルサンアイさんの大豆パンは、想像以上に美味しかったです。
独特のもちもち感があります。

 

我が家は大豆パンを自然解凍したあと軽く温めたら、焼きたてのような状態になるので、おすすめの食べ方です。

 

癖もないので飽きないと思います。

大豆パンをミックス粉を使用した作り方

大豆パンは購入する以外に、ホームベーカリーがあれば作ることができます。

 

当ブログでは、マルサンアイの大豆パンをおすすめしていますが、マルサンアイから大豆パンミックス粉が発売されています。

 

お試し用のミックス粉をご紹介していますが、4斤分作れるので、試すにはいいかもしれません。

 

マルサンアイの大豆パンミックス粉で大豆パンを作るメリットは、

 

● 糖質が3,3gに抑えられる
● タンパク質が小麦のパンの約3倍
● 食物繊維やカルシウムが豊富

 

この3つ。

 

マルサンアイの大豆パンを購入するよりも、たくさん大豆パンを作れるし、糖質が低く、タンパク質が摂れるので、ダイエットにも効果が期待できそうです。

 

当ブログでおすすめしているシャトレーゼやダイズインターナショナルは、大豆パンを購入するのみなのでマルサンアイはホームベーカリーがあれば、自分で作れます。

 

大豆パンの作り方がマルサンアイのサイトに記載されていますので、みなさんも経済的に作ってみてはいかがでしょうか?

マルサンアイの大豆パンとダイズインターナショナルを比較してみた

大阪玉造のダイズインターナショナルの大豆パンと、マルサンアイの大豆パンを比較してみます。

 

まずは糖質から。

 

● ダイズ     → 4,6g
● マルサンアイ → 7,8g

 

ダイズインターナショナルの大豆パンの方が、糖質が低くなっています。かなり低いですね。

 

タンパク質

 

● ダイズ     → 31,8g
● マルサンアイ → 18,2g

 

このようにタンパク質は、圧倒的にダイズインターナショナルの大豆パンの方が多いです。

 

糖質が低くタンパク質が多いとダイエットにもなるし、糖尿病でお困りの方でも食べられると好評なんです。

 

糖質とタンパク質だけを比較しても、ダイズインターナショナルの大豆パンの方が優れているということは、おわかりいただけたかと思います。

 

しかしダイズインターナショナルの大豆パンは、上の画像を見ていただければわかりますが、かなり見た目がイマイチです(^^; ギフトなので贈られる際は、マルサンアイの大豆パンの方がいいでしょう。

 

また、とはいっても普通のロールパンよりはマルサンアイの大豆パンの方が、糖質も低いですすし、タンパク質も豊富なので、見た目の大事にされる方はマルサンアイの大豆パンもおすすめします。

 

シャトレーゼとマルサンアイの大豆パンを比較してみた

大豆パンで有名なシャトレーゼの大豆パンと、当サイトおすすめのマルサンアイの大豆パンを比較してみます。

 

まずは糖質の比較から。 糖質は大豆パン1個あたり、

 

シャトレーゼ → 3,8g
マルサンアイ → 7,8g

 

このようになっていて、シャトレーゼの大豆パンの方が糖質は低くなっています。

 

続いて大豆パン1個あたりの税込み価格です。

 

シャトレーゼ → 108円
マルサンアイ → 184円

 

シャトレーゼの方が価格は安いです。

 

じゃあマルサンアイの大豆パンは、何がそんなにいいのかというと、タンパク質が多いということ。

 

タンパク質を比較してみると1個あたり、

 

シャトレーゼ →  7,1g
マルサンアイ → 18,2g

 

とシャトレーゼの大豆パンを圧倒しています。

 

タンパク質が多いとダイエットにもなるので、大豆パンを食べる目的がダイエットの方は、マルサンアイの大豆パンを食べられるといいでしょう。

 

出来るだけ安く大豆パンを購入されたい方は、シャトレーゼの大豆パンを選んでみては、いかかでしょうか?

マルサンアイの大豆パンを楽天で購入するには

マルサンアイの大豆パンは公式サイトの他に、楽天でも購入することが出来ます。

 

当ブログでは、マルサンアイの大豆パンの公式サイトでの購入をおすすめしています。公式サイトをおすすめする理由は、

 

● 売り切れることがない
● あんしん・あんぜん
● 悪い口コミもあるので参考になる

 

この3点です。

 

マルサンアイの楽天の公式サイトなので、売り切れることがないのはもちろんのこと、あんしん・あんぜんに購入することができます。

 

よくわからないメーカーで購入するのは、ちょっと気が引けますよね。

 

楽天の公式サイトにあって、マルサンアイの公式サイトにないのが、悪い口コミ。悪い口コミといっても、そんなにひどい内容の口コミではないのですが。

 

どこの公式サイトでもそうなんですが、悪い口コミって掲載しないですよね。楽天なら掲載されているので、購入するかどうかの判断材料になると思います。

 

このようにマルサンアイの大豆パンの楽天の公式サイトでの購入は、大豆パンだけではなく、あんしん・あんぜんが手に入り、口コミを参考にできるんです。